温海温泉 元禄餅

こちら↓は『鮎菓子』を製造する玉泉堂丑松さん御せいの元禄餅。
パッケージがきれいです。
f0020647_8375073.jpg

こちら↓は元禄餅一筋、鶴栄堂さん。緑色が一番濃い色でした。
f0020647_838635.jpg


元禄餅は上質な牛粉を使い、
ふわふわとした食感、上品な甘さが人気の銘菓です。
シンプルなお菓子だからこそ、素材にこだわっています。
着物や和柄で人気の元禄模様は
美しく豊かな田んぼのイメージから創られたってご存知でしたか?
そんなところも一段と上品さを増している理由だと思います。

菅原屋菓子店0235-43-3216
大和屋    0235-43-2520
玉泉堂丑松0235-43-3320
鶴栄堂   0235-43-3153

「うちのが一番!」とそれぞれ腕を競い合う
温海温泉きっての銘菓なのでちょっとづつ食べ比べするのも、
とっても楽しいですよ。
[PR]
by chittomotche | 2007-03-14 08:51 | Comments(4)

とち餅

f0020647_857597.jpg

なんともいえない栃の実の奥深い味が五臓六腑に沁みる。

大昔から不老長寿の実として村人に珍重されて来たため
老若男女に食べ易いよう、
お餅に混ぜて甘い餡子を包んだ農村のお菓子が
湯治場だった温海温泉では
客人向けにお粉をまぶされ洗練された、
上品な『とちもち』になったようなんです。
これは、わたしの想像。
みなさんも、そんな気がしませんか?

温海温泉では2軒の老舗が先代が築いた伝統の味を守り続けています。
『どうしてここで、お餅を売るようになったんですか。』
と、伺ったところそこには胸を打つ感動のストーリーが流れていました。

知りたい人は、美味しいお餅を買いながら
こっそり訊いてみてね!

f0020647_8582314.jpg


こちら↓は吉田屋さん 0235-43-2249
f0020647_8584239.jpg


こちら↓が竹廣屋さん 0235-43-2027
f0020647_8592152.jpg

[PR]
by chittomotche | 2007-03-13 09:14 | Comments(0)

f0020647_8451215.jpg


ずんだの餡子は、もちろん生粋の『だだちゃ豆』。
だから、風味が違って当たり前!
おまんじゅうになっても、だだちゃ豆のDNAに訴えるような
強い在来種の伝統の味・旨さがそのまんま詰ってるんです。
作物として4000年の歴史はあるだろう、というもっとも古い食べ物。
良質なたんぱく質は癌に効く、ともいわれ
USAではFDAが発表した途端、
高級レストランの一大ブームになったのがコチラっ!!
『DADACYA-MAME』というメニュー。一皿2000円だったとか。
地元で安く手軽に味わえる幸せ、ぜひぜひ噛締めてください。

f0020647_8553160.jpg

あつみ温泉 いしぐろや 0235-43-2006
[PR]
by chittomotche | 2007-03-12 08:53 | Comments(0)

f0020647_8465089.jpg


なんて美味しい皮なんでしょう、、、。
黒砂糖のコクと甘みが絶妙で、と、感動しているうちに餡子に到達♪
この餡が、またまた絶品。
一個、一個のおまんじゅうがふあふあの赤ちゃんみたいな感じです。

お茶を点てられるご主人がピタっとはまる、
日本文化的な工夫がある店内やお菓子も本物志向!!
しかも、どこかしらお洒落なのです。
お子さんが書かれた店の絵が楽しい。

個人的にはこちら↓
『くるみ羊羹』600円もお使い物に、むっちゃオススメですぅぅ
お問い合わせ 温海温泉本間菓子舗 0235-43-3135
f0020647_8552468.jpg

[PR]
by chittomotche | 2007-03-09 08:56 | Comments(0)

大清水 二八そば

f0020647_9163327.jpg


見て下さい!この清水にまぶされた蕎麦のツヤツヤ、、、。

『先祖が、この水に出逢わなかったらここに蕎麦屋はありえんのです。』
というご主人の言葉。うあああ!

実は、もともと温海温泉の玄関は、こちら大清水。
開湯千年のあいだ、幾人もの旅人がここで喉を潤し、
昼食を食べたりしながら湯治宿にチェックインしたと聞きます。

感動してお箸をかけれず、しばし見つめておりました。
蕎麦屋が先じゃぁないんです。この清水があったからこそ、、、。
この自然に感謝する言葉が真実ではありませんか。
やぱーり共存共生。人間は生かされてるんですよね。
この気持ちでズルズルいただくと、いっそう水と蕎麦の味が強烈でした!!
厚切りの葱の歯ごたえとツンとした辛さが、
またたまらないポイントになっていることに気がつけた
素晴らしい吉日ですたよん♪

f0020647_9183790.jpg


ひとそね、たっぷりめの三人前で2100円。超オススメです。
お問い合わせは、コチラまで↓
f0020647_925541.jpg

[PR]
by chittomotche | 2007-03-08 09:28 | Comments(0)

河畔 五目中華

f0020647_8483282.jpg


昔ながらのレトロな中華、
レトロな冷やし中華が大人気のあつみ温泉、河畔食堂。
冬のオススメはこちらの五目中華700円。
昔ながらの懐かしい、やさしげな味ですっ!うまそぉぉ~~~っ♪
場所もChittoMotche通りにあるご近所さまです!

お問い合わせ あつみ温泉 河畔食堂0235-43-3113
[PR]
by chittomotche | 2007-03-07 09:05 | Comments(0)

あ~ばぁ~工房

f0020647_16132232.jpg


チットモッシェの人気商品 マルバシャリンバイ染めのコサージュ。
旧温海町時代に「町の花」として馴染みのある植物がシャリンバイです。
温海が北限と呼ばれ、温海地域の中でも暖かい海岸沿いに生息しています。
商工会婦人部の委員のみなさまが『あ~ばぁ~工房』を立ち上げて取り組む
草木染めで、とても優しい色合いが素敵なシルクをコサージュに加工っ!
デザインも本物志向のコサージュで、購入して後悔はないだろうと思われる、
ひとつひとつ手作りの素晴らしい一点もの揃い。。。♪

お値段は破格で4800円~7800円。
この大きさとデザイン、素材で
こんなに「質の良い物」は、他所ではお買い求めいただけませんっ!!

今年の母の日におかあさまの喜ぶ笑顔が見たい『あなた』に
わたくしクロコのクロちゃんが自信を持ってオススメするイチオシの商品ですっ!

お問い合わせ 0235-43-4390 ChittoMotcheまで
[PR]
by chittomotche | 2007-03-05 16:19 | Comments(0)

お菓子 あゆ

f0020647_845449.jpg
f0020647_8455791.jpg


あつみ温泉 玉泉堂丑松の銘菓 『あゆ』。
焼き付けた鮎の表情がひょうきんで可愛い。
中には餡子じゃなく、もっちりした元禄餅が入っていて美味しい。
一個63円。十個630円。バラ売りもOK!

お問い合わせ 0235-43-3320 玉泉堂丑松
[PR]
by chittomotche | 2007-03-05 08:50 | Comments(0)

f0020647_8444833.jpg


3月1日から4月3日まで
『湯の街人形めぐり』が開催され
あつみ温泉のあちらこちらに可愛い雛人形が飾られています。

ChittoMotcheには明治の内裏雛がお目見え!
古くて格式のある顔、手、色。風格があって、とっても素敵です。
どうぞご来場ください。

特設会場は、萬来屋さん田中屋さんの左隣にある
旧庄交トラベル跡の一階になります。
あつみ温泉各旅館では2700円~4000円の雛御膳を準備しています。
ほとんどの旅館で入浴料込みのようです。
可愛い御雛様を見て、美味しいご飯を食べて、
ゆったりまったり温泉を味わいにおいでになりませんか?

詳しいお問い合わせは、 あつみ観光協会 0235-43-3547まで。
[PR]
by chittomotche | 2007-03-02 08:52 | Comments(0)

大和屋 紫蘇巻き

f0020647_12162348.jpg


あつみ温泉大和屋 紫蘇巻き1個60円。
爽やかな風味。体に良い赤紫蘇、上白玉粉、あんこのハーモニー♪
大和屋オリジナルのお菓子 9個945円。

お問い合わせ 0235-43-2520 大和屋菓子店
[PR]
by chittomotche | 2007-03-01 12:21 | Comments(0)