「ほっ」と。キャンペーン

f0020647_1526521.jpg

↑写真奥にうっすら見えるのが佐渡島、手前が粟島です

こんにちは、運営スタッフの黒パンダです。(まさに黒子です:汗)
今回はマイ・フェバリット・シングス(My favorite things)である
温海の歴史、観光情報をご紹介します。
そう、わたくしは巨匠ジョン・コルトレーンの大ファンでスウィング大好きですが
女性としてはホラひとつも吹けない器量なし!?
、、、でも、毎日が楽しくて、山あり谷ありの人生を生きてるぞってな感じが大好きです。

そこで、本日は谷あり滝あり登り応えも十分ある『摩耶山』へ、ご案内いたします。

-------------------
摩耶山は磐梯朝日国立公園の最北端であり、
新潟と山形にまたがる雄峰で標高は1020m。
その稜線は、明治11年に設置された東田川と西田川の郡界線でもある。

昭和35年5月、山形県名勝指定を受けた。

摩耶山の神は、越の国(越後)と出羽の国(庄内)を分けた
都岐沙羅柵(つきさらのき)の守護神といわれ、国境に悠然と立つ姿は
中央から開拓任務で訪れた大和朝廷の人々の崇拝の的だった。

奈良朝から徳川幕府中期まで大月山の離れ宮として小月山(さつき山)と呼ばれた。
神仏信仰が盛んになると、修験道(山伏の道場)金峰奥の院として隆盛を極め
その名残で山中に20ケ所以上の神拝所、霊場がある。

頂上の眺望は豊かで、朝日連峰の山並みとなだらかに広がる月山、
北に庄内平野を見守る鳥海山を望み
天候に恵まれた日の日本海には粟島、佐渡島、飛島、男鹿半島が浮かんで見える。

四方の眺望に飽きることのない摩耶山だが、
この眺望の良さから江戸藩政時代は庄内藩防備のため
登山が長く禁止された。

冬にシベリア大陸から吹き付ける大陸季節風の影響で雨量が多い。
ヤマネ、ツキノワグマが生息し、昔から熊狩りが楽しまれている。

春の山開き、秋の山閉じの登山会は、越沢集落あげての歓迎行事が開かれている。

---―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というわけで、摩耶山はとっても興味深い「神の山」でした。
そういうことを感じながら登っていただくと
また、全然違う登山の味わいがあると思うんです。

お問い合わせは0235-43-3547
温海町観光協会まで!

冬は本当に怖い死の山、生きてるのかわからない気がするデッドゾーンです。
↓ 庄内人が愛する、庄内人の歴史を見守る月山。
f0020647_15263029.jpg

[PR]
by chittomotche | 2006-02-15 15:19 | Comments(0)

春の陽気♪

みなさま、おはようございます!
お世話になっております。黒パンダでございます。
なんて暖かい朝なのでしょう!庄内が暖かい。
ううう、うれしい♪うししし♪
こころもカラダも緩んでおります。
春、春、春。楽しみでございますね!うるうるうる。
冬があるから春を喜べるのでしょうね。
人生のようですね。とっても幸せな気持ちになって参りました。

さて、4月になればチットモッシェは1歳の誕生日を迎えます。

よちよち歩きの1歳の道がまっすぐ引かれていくために
「鬼さん、こちら!手のなるほうへ♪鬼さん、こちら!手のなるほうへ♪」と
みなさまのご感想ご意見をパンパンバンバンお寄せください。
みなさまに喜ばれなければ、チットモッシェはちっとも楽しくありませんもの。。。

コメント、トラックバック、カキコ、カキコ、カキカキ
どうぞ、よろしくお願いいたします!(にっこり♪)
[PR]
by chittomotche | 2006-02-14 08:53 | Comments(0)

チットモッシェのポトフ

みなさん、こんにちは♪
運営スタッフの黒パンダです。

小松印刷さまの雑誌SPOON2月号、P45にチットモッシェが掲載されています。
http://www.spoonnet.jp/

あつみ豚のウィンナー入り、あったかポトフ¥250も
~~コトコト、はふはふ、ふぅふぅの心身があたたまるスープ~~として
でかでか~~と載せていただきました!
小松印刷SPOON編集部さま、ありがとうございます!

”暮らしにスプーン一杯のエッセンス”というサブタイトルのペーパーなのですが
かなり大きなスプーンでして、多くのファンを存じ上げております。
毎号表紙はジューシーなアップが特徴
お洒落で読み応えもあり、お徳で旬な情報ありで絶対オススメの雑誌ですね。
創刊は、1991年4月号。代金は1冊200円、別途送料がかかるそうです。
通信販売に関するご質問、お問い合せはこちら→spoon@spoonnet.jp


また、2月号の庄内菓子手帳コーナーの中には
萬国屋さまの元禄餅(P13) 
道の駅あつみ しゃりんさまの「かやの実煎餅」
いしぐろやさまの「いでゆまんじゅう」(P17)が掲載されており
たいへん美味しく楽しい2月号になっております。
ぜひぜひ、ご覧くださいませ。

今日の温海は時折陽射しが出るなど、たいへん穏やかな冬の日を迎えております。
もうすぐ春の匂いがして来るのかな、、、。うふふふ♪

足湯カフェ チットモッシェにぜひ遊びにおいでください。
お客さまが過ごされる至福のお時間のために、こころを込めて
コーヒーを入れさせていただきます♪(にっこり!)
[PR]
by chittomotche | 2006-02-13 13:33 | Comments(2)

みなさん、こんにちは!運営スタッフの黒パンダでございます。
さきほど、関東圏の若い女性からひとり旅のお尋ねを頂戴いたしました。
明るいお方でしたが、冬のあつみ温泉へぶらり、お出かけしたいとのこと。

生活のリセットでしょうか。もしかして自分探し。もしかして歴史好き。
ひょっとしたら、かの与謝野晶子のように傷心の癒しかな。。。
もちろん、お電話口には出ない言葉ですが
詮索好きの黒パンダの心は勝手にくるくると反応してしましました。

いつでも、ふらりと、遊びにおいでください。
お客さまのご要望に細やかにお応えできるのが
みなさまを家族のようにお迎えできる「あつみ温泉」です!

たとえば、ひとりになりたい、
そっとしておいて欲しいとき
たとえば、何気ない日常のお話をただただ聞いて欲しいとき
あとは、仲間のようにワイワイ語り合いときなどなど。。。

たたずまいの静かなあつみ温泉で疲れたこころを癒し
大自然と共存するあつみ温泉で「自分」と触れあう
スピリチュアルな旅をお楽しみください。
[PR]
by chittomotche | 2006-02-09 13:37 | Comments(0)